柏原市議会議員 山口ゆか ブログ

柏原市議会議員 山口由華の日ごろの活動を発信しています。

コロナに勝つ

国会第二次補正予算案【新型コロナ】経済対策



国会の補正予算案の概要のニュースです。(NHKより引用)
経済支援がかなり拡充されています。
本日閣議決定される予定とのことです。

雇用維持・生活への支援
<雇用調整助成金の拡充>
一時的な休業などで従業員の雇用維持を図る企業に対して、休業手当などの一部を助成する「雇用調整助成金」を抜本的に拡充します。具体的には現在、1人1日当たり8330円となっている上限額を1万5000円、月額でみると33万円に引き上げます。

上限額や助成率の引き上げの特例が適用される期間は、ことし4月から6月末までとしていましたが、これを9月末まで延長し、解雇を行わない中小企業には全額を助成します。

<休業手当の直接給付>
勤め先の企業の資金繰りの悪化などの理由で休業手当を受け取れない人に対しては、国が直接、給付する新たな制度を創設します。中小企業で働く人が対象で、給付率は休業前の賃金の8割とします。上限額は雇用調整助成金の水準と合わせて月額33万円とし、適用される期間もことし4月から9月末までとなります。

<ひとり親世帯への支援>
経済的に厳しい状況に置かれているひとり親世帯に臨時の給付金を支給します。児童扶養手当の受給世帯に5万円を支給し、第2子以降は3万円を加算するのに加え、児童扶養手当を受けていないひとり親世帯でも収入が大きく減少した場合は5万円を支給します。

<学生に最大20万給付>
休業の影響でアルバイトの収入が減少した学生に10万円、このうち、住民税非課税世帯の学生には20万円を給付します。大学院や大学、専門学校、日本語学校などに通うおよそ43万人が対象で、必要な費用、531億円は予備費からの支出をすでに決めています。

<授業料の減免>
家計が苦しくなって学業の継続が困難になっている学生を支援するため学校側が授業料などの減免を行った場合には国が補助します。

<緊急小口資金の拡充>
生活に困っている人が当面の生活費などとして無利子で最大20万円を借りられる「緊急小口資金」について、申請が増加していることを踏まえ貸し付けの規模を大幅に拡充します。

事業継続に向けた支援

<家賃支援>
店舗の賃料の負担を軽減するため「家賃支援給付金」を新たに設けます。対象となるのは売り上げが去年より、ひと月で50%以上減少した事業者や3か月で30%以上減少した事業者で、中堅・中小企業は月に50万円、個人事業主は25万円を上限に、原則、賃料の3分の2を半年間給付します。

また、複数の店舗を借りている事業者には例外措置として、上限額を中堅・中小企業は100万円、個人事業主は50万円に引き上げます。

<持続化給付金>
中小企業や個人事業主などに最大200万円を給付する「持続化給付金」の対象を拡大します。ことし1月から3月末までに創業した事業者で、いずれかの月の売り上げが1月から3月までの平均より50%以上減少したことを条件に給付の対象に加えます。

さらに、フリーランスのうち、収入を「雑所得」や「給与所得」として確定申告していた人も申請できるようにします。契約や支払いを証明する源泉徴収票や支払調書などの書類の提出が必要で、事業を行っていることを確認できた場合に対象になります。申請は原則、オンラインとし6月中旬をめどに受け付けを始める方針です。

<資金繰り支援・資本増強策>
経営が悪化する企業が増える中、影響の長期化によって企業が資本不足に陥るのを防ぐため、融資や出資のための12兆円規模の資金枠を新たに設けます。政府系金融機関による「劣後ローン」と呼ばれる返済順位が低い融資や、日本政策投資銀行を通じた大企業や中堅企業向けの出資枠の上積みを行うほか、地域経済活性化支援機構を通じた中堅・中小企業向けの出資や融資の枠を拡大します。

また、政府系や民間の金融機関が実施している実質、無利子・無担保の融資や日本政策投資銀行と商工中金を通じた特別な貸付制度、「危機対応融資」の融資枠を大幅に拡大します。

<公的資金の注入しやすく>
金融機関による資金繰り支援を後押しするため金融機能強化法を改正し、融資にあたる銀行や信用金庫の財務基盤が悪化するのに備え注入できる公的資金の枠を拡大するとともに条件も緩和します。

感染拡大防止 医療体制整備への支援
<包括支援交付金>
病床の確保や人工呼吸器の整備など、地域の医療提供体制を強化するため「緊急包括支援交付金」を現在の1490億円から大幅に増額します。患者を受け入れている医療機関の従事者や感染が発生した介護施設などの職員に対して慰労金として最大20万円を給付します。そのほかの医療機関などで働く人には5万円を支給するとしています。

<診療報酬の引き上げ>
重症や中等症の患者を受け入れた医療機関は治療に多くの人手が必要になっていることなどから、診療報酬を先月に続いてさらに引き上げます。具体的にはICU=集中治療室に入院して「ECMO(エクモ)」と呼ばれる人工心肺装置をつけた重症患者などの治療に対する報酬や酸素吸入が必要な中等症以上の入院患者の治療に当たった場合などの加算を3倍にします。これについては、第2次補正予算案に先立って予備費で159億円を支出することを決めています。

<医療機関の収入保障>
感染症の患者の専用病床を設けている医療機関について病床が空いている場合でも収入を保障します。

<医療用物資の確保>
感染拡大を受けて医療現場では医療用のマスクやガウンなどが不足していることから、国がメーカーなどからこうした医療物資を買い上げ、患者を受け入れている医療機関に優先的に配布します。これについても1680億円を感染症対策の予備費から支出することを決めています。

<治療薬・ワクチン>
また、新型コロナウイルスへの効果が期待されている治療薬やワクチンの開発資金を国が補助するほか、早期の実用化に向けて、生産体制の整備を進めます。

<妊婦PCR検査>
生まれてきた赤ちゃんや立ち会いの助産師などが新型コロナウイルスに感染するリスクを軽減するため出産間近の妊婦で、希望する人には国が費用を全額補助してPCR検査を実施します。

遅ればせながら自作マスク

まだまだ柏原市の店頭でもマスクや消毒液に加えて、トイレットペーパーやキッチンペーパーが売り切れとなっています。
わが家は普段の在庫しかしていないので、いざ買いに行くと在庫切れになっていて、特にトイレットペーパーはかなり焦ります(汗)

そして、遅ればせながら私も布マスクをしようと思い、YouTubeで縫わずにハンカチとゴムで簡単に作る方法を見つけて早速作ってみました。
着けてみると意外に心地よい。
ハンカチ生地だからそもそも肌に優しい。
医療用マスク以上の効果がなくとも、これなら対面する時に相手に呼気が届かずに済みます。
これからハンカチマスクデビューです。

第1作目
PhotoGrid_1587536373398
第2作目はヒダを付けてみました。
PhotoGrid_1587604864312

まだまだ新型コロナウイルスの感染が治まりません。
しばらくは自粛期間が続くと思われます。子どもたちの教育のこと、経済のこと、大変心配ですが、だからこそ今は皆で協力して、この危機を乗り越えたいです。
そして、ワクチンと治療薬の1日も早い開発を願っています。

今、医療や福祉、様々な現場で奮闘していただいてる皆さんに心より感謝申し上げます。

コロナに勝つ!

#柏原市 
#コロナに勝つ 

Fukushima50を見ました。

外出自粛要請の期間中、皆さんは家でどのように過ごしておられるでしょうか。
私は巷で話題となっている「Fukushima50」をWEBサイトで1900円で購入して見ました。
2011年(平成23年)の東日本大震災の時の福島原発事故のノンフィクション映画です。
「メルトダウン」というショッキングなニュースが流れました。その背景には、なんとも過酷で壮絶な作業があったことを知り、現場に携わっておられた皆さんの死への覚悟の描写を見るのは大変辛かったです。あれが現実だったんですよね。最後まで責任を全うし、作業をしてくださった皆さんには感謝しかないです。

そして、9年後の今は、見えないウイルスとの闘いとなってしまいました。
今まさに、ウイルスと闘っておられる医療従事者の皆さんがいます。政府の要請に応じてくれている国民や事業者がいます。皆さんの協力で絶対に危機を乗り越えたいです。

昼間はけっこう買い物に出かけておられる市民の皆さんの姿を見ますが、夜は本当に、本当に、静まり返っています。正月に似た雰囲気ですが、正直、正月の時よりもまちは静まり返っています。
外出自粛要請に従い、市民、国民は特に夜は出歩かないように努めておられているため、人通りは極めて減少しているのを確認しています。お1人お1人の自覚で感染拡大が防げているのではないかと思います。
なんとかこれを維持し、二週間後、三週間後、近いうちには収束の兆しが見えることを心より願っています。
もうひと踏ん張りです。必ず、この危機を乗り越え、勝ちましょう。
キャプチャ
Fukushima50公式サイト
日本ブルーリボンの会
公式サイト
ブルーリボンバッジ
ブルーリボンバッジの購入ページにアクセスできます。
ブルーリボン拡散運動
市政に関するご意見募集しています!
市民の皆さんが市の施策に対してどのように感じ、どのように受け止めておられるのか、声を発していただかないと伝わりません。
寄せいただいた声は大変貴重なものです。声を行政に届けるのが市民代表としての議員の仕事です。
これからも、皆さんの声をひろいあげる仕事をしていきますので、何かありましたらいつでもご連絡ください。
もし、まちなかで見かけたら気軽にお声掛けください。

メール info@yamaguchiyuka.com
FAX  072-926-5077

facebooktwitterからも発信しています。
ギャラリー
  • ネット情報に助けられ
  • ひとり親世帯への臨時特別給付金について
  • 足場倒壊、復旧作業←完了
  • 足場倒壊、復旧作業←完了
  • 足場倒壊、復旧作業←完了
  • 足場倒壊、復旧作業←完了
  • 足場倒壊、復旧作業←完了
  • 足場倒壊、復旧作業←完了
  • 足場倒壊、復旧作業←完了
山口ゆか動画
『松柏之操』 (柏原市議会議員 山口由華 動画 【議会質問】)


You Tubeはこちらから

『松柏之操』 (柏原市議会議員 山口由華 動画 【議会質問】)
柏原市議会議員
 山口ゆかの考え
QRコード
QRコード
RSS