柏原市議会議員 山口ゆか ブログ

柏原市議会議員 山口由華の日ごろの活動を発信しています。

議会

常任委員会の行政視察へ

令和の時代もどうぞよろしくお願いいたします。

5月9日~10日で総務産業委員会で行政視察へ行きました。
行先と目的は、大分県豊後高田市の定住促進の取組について、佐賀県佐賀市の廃校となった小学校跡地活用についてです。

まずは1日目、大分県豊後高田市の定住促進の取組
宇佐という駅で降りて、シャッター街を復活させて今では大変賑わいのある商店街となっている「昭和の町」で昼食をいただき、休憩中に少し商店街の中を歩きました。たしかに昭和のにおいがしてくるような空間になっています。10連休のGWは多くの観光客であふれかえっていたそうです。昨日は連休明けでお休みのところが多かったようで閉まっていました。
DSC_0651
宇佐はUSAなので駅名標がこのようになっていました。
DSC_0673

DSC_0653
DSCPDC_0003_BURST20190509122903363_COVER
DSC_0656
DSC_0658
DSC_0659
DSC_0661
DSC_0662
DSC_0663
DSC_0666
DSC_0669
昭和の町から歩いて10分のところに豊後高田市役所があります。
DSC_0670
地域活力創造課の職員さんより取組について説明していただきました。
平成17年に旧豊後高田市、真玉町、香々地町が合併して豊後高田市となりました。柏原より小さいまちで人口は23,000人弱、高齢化率は37.96%ですが、昭和20年代には約5万人だったそうです。
年間140人が出生しますが、年間の死亡者が400人で、260人の人口が自然減となっており、この数字が100になるように目標を定めて平成23年から本格的に移住対策をしました。

平成18年からは空き家バンク事業に取り組み、平成23年から移住の取組を始めてから契約数が伸び、平成21年に空家調査をして当時800戸あった空家が(現在は増えている可能性がある)、昨年度までの契約合計数が224件あり、一定の成果があったとのこと。
さらに、宅地造成をして住宅団地100区画を作り完売、そのうち26区画が市外からの移住者。
3つの定住関連のサイトを充実させ、いかに情報を出して拾ってもらえるかということで、メディア等の取材には休みであろうと夜間であろうと絶対に断らないようにしているそうです。
市内に自動車関係の工業団地があり、2300人の雇用がある。製造業の人材不足の問題は豊後高田市にもあり、外国人労働者も増えてきているとのこと。

平成14年から学校の週5日制の導入を受けて、勉強時間の確保と人材育成のために市営の無料塾「学びの21世紀塾」を開講、学力の基礎作りなどに取り組み、学力は大分県内9年連続トップクラスになったそうです。

「ひとりぼっちを作らない」子育て支援策として、平成16年には子育て支援拠点施設を作り、子どもの預かり保育などを始めたり、病後児保育やファミサポ事業、研修を受けた先輩ママが新米ママの悩み等を聞くホームスタート事業などを展開。

これらの施策によって、市外からの移住者の6割が子育て世帯となり、平成30年度の移住は129世帯、275人ということです。

商店街の活性化、空家バンク制度、子育て支援、学力向上策、これらがうまく相乗効果を発揮して定住促進につながっていると担当職員さんが話しておられました。雑誌宝島の住みたい田舎ランキングで1位になったそうで、市のPRに貢献しています。
DSC_0671
議場は今度新築される柏原市の議場と同じような作りでした。


2日目は佐賀県佐賀市の廃校となった小学校の跡地利用について
富士小学校と富士南小学校を統合して、中心街にある富士小学校を廃校にして、新しい校舎の富士南小学校を使用することに。学校のあり方について地元で十数回に渡って意見交換会を開催し決定され、平成25年から統合となった。(スクールバスを運行)
跡地利用については平成24年8月に地元検討会を発足、25年度末に中間報告、27年度末に最終報告となり、28年度10月に市の計画案が策定された。
跡地は合宿誘致用の簡易宿泊施設、企業誘致用のオフィスルーム、地元住民が利用できる多目的スペースを中心に設置することとし、校舎と体育館を耐震補強と改修工事を行い再利用することに。
財源の7億円は過疎対策事業債や地方創生交付金を活用する。
設計と管理運営を一括発注として公募。選考委員会に地元代表の2人参加。地元住民に対して行政側は慎重に丁寧に対応されている印象が強く残りました。
現在は工事中で、完成は来年度ということで残念ながら現場を拝見することは叶いませんでした。
古湯集落では14軒の温泉宿があるため、既存旅館へ配慮した運営の要望がある。
佐賀市の市街地にあるサテライトオフィスはすぐに埋まるそうで、ニーズはあるとのことです。
地元との協議を慎重に行った結果、再び地元に愛される場所として生まれ変わることが出来るのではないでしょうか。2年後の完成が楽しみです。
DSC_0681
DSC_0682
庁舎の受付窓口は緩いカーブになっていました。
DSC_0683
2日目の写真はあまり撮っていなかったためこの程度です。
佐賀市のシティプロモーションの一つ、熱気球があります。バルーンミュージアムや毎年10月下旬から11月上旬にかけて世界各国から100機を超えるバルーンが参加するアジア最大級のインターナショナルバルーンフェスタが開催されるとのことです。一斉に上がるバルーンは圧巻だそうで、いつか見に行きたいなと思いました。佐賀市インターナショナルバルーンフェスタ




2市の取組を聞き学びました。地方故のものもあるため即柏原市に反映できるものではありませんが、今回も感じたのは、携わっている職員さんの熱量です。市民との対話も大事にされています。議会でも発言していますが、事業に携わるのは職員です。市長も議員も任期があります。職員はずっと市政に携わっていきます。職員のモチベーション、実行力に関わってきます。そういった意味でも私の役割を果たしていけたらと考えます。また、聞き学んだことを柏原市にどう活かしていけるか、この後も整理したいと思います。

色々あった議会も先週閉会となりました。

朝夕はまだまだ冷えますが、日中は暖かくなり春を感じます。桜の開花もあちこちで聞かれますね。
写真は日曜日のかしっこデイキャンプが行われたスマイルランド(里山公園)です。
DSCPDC_0000_BURST20190324125820654
DSC_0566

遅ればせながら22日に3月議会が終わりましたのでご報告です。
31年度予算や条例などなど、2月14日に議案が手元に届いてから1ヵ月強、議会対策に集中していました。議会が終わると同時に、他の私個人のタスクが山のように積まれており、一つ一つ片づけているところです(^^;)



今議会で決まったことはたくさんありますが、新しく始まる事業などをピックアップすると、

・放課後児童会の土曜日及び夏休みなどの開会時間を8:30から8:00に
・軽度難聴児(18歳まで)に補聴器購入等の助成
・高齢者世帯向けの特殊詐欺対策機器(通話録音)の無料貸し出し
・水道事業の長期停電対策として発電機等の整備
・玉手山公園内のトイレ等の改修
・パソコン教室や教職員向けのICT機器の設置
・新庁舎建設工事着手(7月に教育センター解体予定、旧ハローワークに移転)

などがあります。
概ね議案は可決しましたが、1点疑義を生じる議案がありました。サンヒル柏原についてです。

議案内容は、現在、市の普通財産で民間事業者に貸し出していますが、行政財産に変更してレストラン部分と他一部に面積を減らして貸し出し、残りの全てを安価な貸し部屋にするというものです。
昨年、民間事業者と家賃70万円で5年契約を結んだばかりですが、その契約を解除して、新たに家賃15万円で4年契約をし直すという提案でした。

7日、8日、11日、12日と本会議があり、ほぼ全会派がこの議案について議論しました。私も8日登壇した中でこの議案を取り上げ、いくつか質問をして市長と議論し、詳細については時間の都合上、総務産業委員会で聞いていくということで掘り下げての質問はまだしていませんでした。サンヒル柏原を貸館にすること、契約を解除して再契約すること、建物老朽箇所の改修計画等々、私には疑問点が何点もあったので、情報を収集し、必要書類を集め、柏原力UPの会の議会対策会議も開き、着々と質問をする準備をしていました。

しかしながら、総務産業委員会が始まる前に市がこの議案を取り下げ、急遽14日の委員会前に本会議が開かれました。(その時の動画がアップされています)


市側は取り下げについて謝罪をされましたが、議案を出す時には入念に調査し、庁内で議論し、市民のために必要なものであると確信して、自信を持って提示されるものだと私は考えていたので驚きました。
市の職員が議案を上程するまでに費やしたであろう時間や労力。
市民の代表という立場で、質問を考え議会に臨んだ議員の時間や労力。
議員からの数々の質問に対する答弁作成に費やしたであろう市の職員の時間や労力。
これら全て、市民のための行政と言えるのでしょうか。
行政は、行政のための行政であってはならないのです。
委員会前の本会議では、このことを強く訴えました。

職員からのボトムアップの提案に対し、市長のトップダウンの判断が行政には必要です。


今回、議案は取り下げられましたが、契約を解除しようとするということは、現状が何か課題があるからとも言えます。市には課題解決のために、今後も調査研究を継続してほしいと思います。

市民にとってサンヒル柏原がどうあるべきか、について今後は議論を重ねていくべきと考えています。

サンヒル柏原の運営について山口ゆかが本会議で質問した箇所です。



14日、急遽開かれた本会議の動画です。(再度)
















1期目の議会での質問を編集してくださいました。
行政に切り込んでいく山口ゆかを見てください!
『松柏之操』 (柏原市議会議員 山口由華 動画 【議会質問】

31年度市政運営方針について質問しました。

3月8日に議会で登壇した時の動画がアップされたのでお知らせします。
3月は市長の市政運営方針が出されて、予算審議します。
所属する会派「女性超党派りんどう」の今回の市政運営方針に対する質問は、私がさせていただくことになりました。
31年度の市政運営について60分間の質問時間があり、市長と議論していますのでご覧いただければ幸いです。


1【行財政運営】

2【市立柏原病院】経営形態の見直しについてはこちら

3【子育て支援策】幼児教育無償化以外の子育て支援策についてはこちら

4【障害者福祉施策】手話言語条例および障害者福祉策についてはこちら

5【産業振興の取組】交流人口の増加と本市の知名度アップの今後のビジョンはこちら

6【産業振興の取組】自転車の聖地のPRについてはこちら

7【サンヒル柏原】今後の運営方針についてはこちら

8【交通基盤】道路行政の今後の展望についてはこちら

9【学校空調設備】運用指針およびランニングコストについてはこちら

10【人権教育】人権教育はこちら

11【公有財産】公有財産マネジメントの今後のビジョンについてはこちら


















議会での質問、行政に切り込んでいく山口ゆかを見てください!

登壇します。

本日3月7日より本会議です。
私は明日の11時(予定)より60分、市政運営方針にたいする質問をします。
ぜひ傍聴してください。オンタイム配信もあります。
YouTubeはこちらです。
議案に対する会派代表質疑は岸野議員で、来週火曜日の10時です。

(写真は4日間の登壇予定表ですが、一部変更もあります)
sketch-1551909684450

議会が始まりました。

2月もあっという間に終わりですね。

お知らせが遅れましたが、2月20日に議会が開会されました。
今回は市長の市政運営方針と予算審議で、私は市政運営方針について質問させていただきます。
60分間で11項目をピックアップして質問します。
有意義な議論となるよう、構想を考えている毎日です。
登壇日は3月8日(金)午前11時予定です。
是非傍聴にお越しください。またはYouTubeをご覧ください。

市長の31年度市政運営方針はこちら
議案書はこちらのページにまとめてアップされています。

私の質問の内容は下記です。
sisei1

sisei2

31年度 第1回定例会が始まります。

2月20日より3月22日までの31日間で議会開会です。
予算書に目を通し、質疑を練っていきます。
昨日のマラソンの疲れがまだまだ残っていますが、頭だけはシャキッとさせていきたいです(笑)
議案については20日以降に公開となります。審議を深めたい案件もありますので、今からしっかり準備していきたいと思います。
IMG_20190218_122746

12月議会の個人質問の動画見てください。

明日21日で平成30年第4回定例会も閉会となります。
その前に、13日の個人質問の動画がアップされましたのでお知らせです。
今回は、生産緑地、子どもの養育費、ICT教育環境整備について質問しました。
40分弱ですので、是非ご視聴ください。

生産緑地に関する条例制定について
生産緑地法改正による市への影響と土地活用について


子育て
離婚時の子どもの養育に関する市の情報提供について


教育
英語の「話すこと」の学力テストを受験するためのICT機器の対応について
今後のICT環境整備について

登壇日決まりました

12月議会の個人質問の日にちが決まりました。
抽選で13番を引きまして、二日目、12月13日午後1時40分(前質問者によって早くなる場合もあります)から40分の登壇となります。
平日の昼間の時間帯ですので傍聴にお越しいただけない方は後で配信されるYouTubeをご視聴ください。
オンタイムで動画配信もされます。(柏原市議会YouTube

今回の質問する内容は
・生産緑地法の改正(条例制定)による市への影響や土地活用など
・離婚時の子どもの養育について市の取組内容
・学力テスト英語「話すこと」の対応と今後のICT環境の整備について

以上、3点です。(整理番号では4点)
(他の議員の質問通告書はこちら
h30-4situgisitumontuukokusyo2
前回の代表質疑の内容の動画です。



質問内容は下記の通りです。
(時間のところをクリックしてください。)

1)H23地方自治法の法改正があり、総合計画の策定の義務がなくなりました。しかし柏原市は長期計画(10年)である総合計画を策定し、根幹部分の「基本構想」を議決対象とすることを条例化しました。条例の内容について質問します。

2)(5分42秒)住民票や戸籍謄本など証明書の発行が来年4月からコンビニでできるようになるのでそれに合わせて条例を一部改正します。発行料金が今より100円安くなります。条例の改正について質問します。

3)(11分18秒)恩智川多目的遊水地広場が来年4月より「堅下北スポーツ広場」としてオープンします。それに合わせ条例が制定されます。内容について質問します。

4)(16分6秒)の総合計画の中身については議案では質問できませんので、一般質問で総合計画の市の考え方について質問します。市長マニフェストとの関係性は?

5)(20分16分)危機管理の分野から災害時の上下水道への影響と対応について質問します。

6)(28分43秒)危機管理の分野から災害時の空家の問題について質問します。

7)(31分59秒)危機管理の分野から災害時の行政の情報発信について質問します。

8)(37分35秒)危機管理の分野から避難所運営について質問します。運営マニュアルは作成されている?

9)(44分42秒)教育分野から学力向上対策事業について

10)(54分40秒)柏原市立病院について、経営状況について

11)(1時間7分32秒)竜田古道の里山公園(スマイルランド)の運営状況について

12)(1時間14分6秒)大県本郷線(JRアンダーパス)の進捗と上市法善寺線の用地買収の進捗など

12月議会始まりました

あっという間に今年も残すところ1ヶ月となりました。
昨日から12月議会が開会されました。
12月21日までの23日間です。
12月議会が閉会されると年末年始ですね。
この前、柏原花火に感動したところだと思ってたのに…。本当にあっという間です。

Twitter、Facebook、LINE、Instagramでは近況アップをしていました。とにかくイベント続きでした。
余計に早く時が過ぎると感じるんですね。

下記は議会事務局のサイトページから
さて、
12月議会は個人質問の機会をいただきます。
柏原市の発展のため、しっかりと議論していきます!

議会日程

  • いずれの会議も傍聴できます。傍聴の方法→こちら
  • 日程については変更が生じることがあります。
  • ※お問い合わせ先 : 議会事務局 TEL 072-972-1501 (内線)3111~3113

平成30年 第4回 定例会

  • 11月29日(木)午前10時 本会議
  • 12月12日(水)午前10時 本会議 個人質問
  • 12月13日(木)午前10時 本会議 個人質問
  • 12月17日(月)午前10時 総務産業委員会
  • 12月18日(火)午前10時 厚生文教委員会
  • 12月21日(金)午前10時 本会議

ユーチューブ(YouTube)でライブ配信(生中継)いたします。

    • 視聴する場合は、こちらをクリックしていただくか、ユーチューブ(YouTube)のトップページで「柏原市議会」と検索し、表示されたサムネイル(縮小画像)をクリックしてください。


昨日の控え室からの風景です。
私はこの風景が本当に好きです。
DSC_0066
日が沈むのが早くなりましたね。
まだ17時になっていませんでした。

柏原市立病院の経営改善策について議員全員協議会

平成29年度の決算不認定を受けて、柏原市立病院は今後の経営の改善策を示されました。
経営改善策について議員全員協議会が開催されました。
病床稼働率が75%であると220床のうち55床が空きとなります。
そのうち44床を地域包括ケア病棟に転換し、現在17床ある緩和ケア病棟を6床増床して運用します。
合計50床を一般病棟(急性期病棟)から、より医業収益が見込まれる診療科に転棟して経営していくという経営策です。
しかしながら、これを遂行するために、人間ドックセンターを無くし、人間ドックの機能を1階2階に移します。ヴィゴラスは無くしてそこへ緩和ケア病棟を作ります。
平成23年9月にベッド20床分を人間ドックセンターに変更したのに、7年後に無くしてしまうのは正しい判断となるのでしょうか。

地域包括ケア病棟を作ることで、すぐに退院を余儀なく強要されていた患者さんにとっては入院を延長できるシステムです。うまく機能できればと願います。
もう後がありません。改善策が今後どう作用するか、しっかり見守っていきたいと思います。
全協が終わって控室に戻るとちょうど日没のシャッターチャンスでした。
日が暮れるのが早くなりました。
DSC_1012

有田市立病院へ日帰り視察

みかんでお馴染みの和歌山県有田市の公立病院へ、地域包括ケア病棟についてお話を伺いに市議会で行きました。こちらの病院は5年前までは急性期病院として経営されていましたが、平成26年を境に地域包括ケア病棟を始められ、再編を繰り返し、153床の病床数を一般病棟を54床、地域包括ケア病棟を99床にして運営されています。
医者の確保が難しい中、公募をかけたり自治体病院から来てもらったりしながら少しずつ増やし、病床稼働率は柏原病院とあまり差はなく76%、外来患者数は目標値をクリアしているということで、平成30年度上半期で収支均衡が図られているとのことでした。

今回、女性超党派りんどうの代表質問でも取り上げた、市民のニーズを捉えるための「マーケティング調査」をこちらではされていると感じました。
有田医療圏における患者流出率・流入率なども捉え、周辺病院の経営規模を比較し、有田市民にとって必要な病院とは、その在り方を追求されています。
市長が市立病院を無くすことはできない、と医師確保に汗をかいて奔走されたそうです。
柏原市民が柏原病院を利用しているのか、柏原市民のニーズに合った病院であるのか、柏原市民が望む病院とは、といったマーケティング調査が必要です。
次回はこの辺もしっかりと議論していきたいと考えています。
もう一つ印象に残ったのが、医療従事者の方々の病院経営に対する意識です。収益をどのように上げるか、病院長も看護師長ももちろん職員も皆さんが共通認識として考えておられる点です。
病院の存続を願うからこその努力であると思います。
DSC_0846~2
議会での病院経営についての質問動画を下記にアップしています。是非ご覧ください。

9月議会終わりました。

昨日9月28日で9月議会(決算委員会含む)が終わりました。
今回は祝日が多く、日程がタイトでしたので大変でしたが、終わりました。
本会議での会派代表質疑に続き、所属常任委員会(総務産業)の決算審議で質問した内容を後日ご紹介させていただきます。

29年度決算審議において、柏原市立病院の1事業のみ不認定となりました。29年度の決算において、資金不足比率が17.3%となっていますが、20%を超えると経営健全化団体となり、「経営健全化計画」を定めなければなりません。

市民病院としてのあり方を再考し、今後の方向性を決めていく時期だと議会でも訴えましたが、まずはこの計画を見定めていきたいと思います。

議会代表質疑

_20180929_102031
_20180929_104217

女性超党派りんどうの代表質問動画を見てください。

今回からYouTubeでライブ配信することになりました。
事務局で確認して問題がなければ公開されることになり、その工程が早くなったなと感じます。
昨日の議会での内容がアップされていますので、ぜひご覧ください。

残念な点がありまして・・・言い間違えました。
19分25秒あたりで「市政と行政の約束事」と言ってます。
完全に違います。「市民と行政の約束事」に決まっています(泣)
言い間違えまして、本当に申し訳ございません。
「市長や議員が入れ変わっても、市民と行政との約束事は変わらない大切なものです。」
だから
立憲主義ならぬ、「立総計」主義として常に総合計画に立ち返り、施策と照らし合わせ、ブレることのない、より良い柏原市政を進めてください。」
ということを議会で発信しなければなりません。

代表質問で1時間20分の時間をいただいております。
こちらの↓動画は初めからです。


質問内容は下記の通りです。
(時間のところをクリックしてください。)

1)H23地方自治法の法改正があり、総合計画の策定の義務がなくなりました。しかし柏原市は長期計画(10年)である総合計画を策定し、根幹部分の「基本構想」を議決対象とすることを条例化しました。条例の内容について質問します。

2)(5分42秒)住民票や戸籍謄本など証明書の発行が来年4月からコンビニでできるようになるのでそれに合わせて条例を一部改正します。発行料金が今より100円安くなります。条例の改正について質問します。

3)(11分18秒)恩智川多目的遊水地広場が来年4月より「堅下北スポーツ広場」としてオープンします。それに合わせ条例が制定されます。内容について質問します。

4)(16分6秒)の総合計画の中身については議案では質問できませんので、一般質問で総合計画の市の考え方について質問します。市長マニフェストとの関係性は?

5)(20分16分)危機管理の分野から災害時の上下水道への影響と対応について質問します。

6)(28分43秒)危機管理の分野から災害時の空家の問題について質問します。

7)(31分59秒)危機管理の分野から災害時の行政の情報発信について質問します。

8)(37分35秒)危機管理の分野から避難所運営について質問します。運営マニュアルは作成されている?

9)(44分42秒)教育分野から学力向上対策事業について

10)(54分40秒)柏原市立病院について、経営状況について

11)(1時間7分32秒)竜田古道の里山公園(スマイルランド)の運営状況について

12)(1時間14分6秒)大県本郷線(JRアンダーパス)の進捗と上市法善寺線の用地買収の進捗など

会派代表質問をします。傍聴にお越しください。

9月14日(金)10時より、会派「女性超党派りんどう」の代表質問をします。
今回よりUstreamではなくYouTubeのライブ配信に変わります。
柏原市議会YouTube

質問内容は
1)H23地方自治法の法改正があり、総合計画の策定の義務がなくなりました。しかし柏原市は長期計画(10年)である総合計画を策定し、根幹部分の「基本構想」を議決対象とすることを条例化しました。条例の内容について質問します。

2)住民票や戸籍謄本など証明書の発行が来年4月からコンビニでできるようになるのでそれに合わせて条例を一部改正します。発行料金が今より100円安くなります。条例の改正について質問します。

3)恩智川多目的遊水地広場が来年4月より「堅下北スポーツ広場」としてオープンします。それに合わせ条例が制定されます。内容について質問します。

4)1)の総合計画の中身については議案では質問できませんので、一般質問で総合計画の市の考え方について質問します。市長マニフェストとの関係性は?

5)危機管理の分野から災害時の上下水道への影響と対応について質問します。

6)危機管理の分野から災害時の空家の問題について質問します。

7)危機管理の分野から災害時の行政の情報発信について質問します。

8)危機管理の分野から避難所運営について質問します。運営マニュアルは作成されている?

9)教育分野から学力向上対策事業について

10)柏原市立病院について、経営状況について

11)竜田古道の里山公園(スマイルランド)の運営状況について

12)大県本郷線(JRアンダーパス)の進捗と上市法善寺線の用地買収の進捗など

りんどう(代表質問)-1
りんどう(代表質問)-2
りんどう(代表質問)-3

柏原力UP_vol.10 チラシ出来ました。

お知らせが遅くなりましたが、6月議会のチラシを作りました。
ポスティングもしています。皆さんのお手元に届いたでしょうか。ご一読くだされば幸いです。
マンションなどはチラシの投函を禁止されているところがあります。ご連絡いただければお届けしますので、お気軽にお知らせくださいませ。
取り急ぎ、チラシの写真をアップします。
内容については後ほどアップします。
いつもの通り、字ばかりです(笑)
お伝えしたいことを詰め込むとこのようになってしまいます。
U10omote
U10ura

6月議会 個人質問の動画が配信されました。

柏原市議会は6月と12月は個人質問の機会があります。
3月は予算審議と市政運営方針、9月は決算審議で、いずれも代表質問制です。
年に2回の個人質問で、議論したいことを取り上げて質問できます。
今回5つのテーマに絞って議論しました。

1.AEDの周知と運用について

2.通学時における安全確保について

3.北朝鮮による拉致被害者への人権侵害問題における市の取り組みについて

4.保育事業における待機児童問題について

5.市立柏原病院の診療体制と経営状況について

是非ご視聴いただければと思います。

1.AEDの周知と運用について(冒頭あいさつから)


2.通学時における安全確保策について


3.北朝鮮による拉致被害者への人権侵害問題における市の取り組みについて


4.保育事業における待機児童問題について


5.市立柏原病院の診療体制と経営状況について

6月議会の個人質問決まりました

今議会は個人質問です。
どの分野からでも質問ができます。
議論したい案件が山積みで、その中から今回どうしても取り上げたい項目5つに絞りました。

1.AEDの周知と運用について

2.通学時における安全確保について

3.北朝鮮による拉致被害者への人権侵害問題における市の取り組みについて

4.保育事業における待機児童問題について

5.市立柏原病院の診療体制と経営状況について

以上の項目です。
質問日は6月18日10時40分より40分間の時間をいただいています。
しっかりと議論するために準備していきたいと思います。
Ustream、YouTubeで動画配信される予定です。
是非、ご視聴ください。
傍聴に参加可能な方は是非柏原市役所3階議場までお越しください!
DSC_9629~2
今日は藤井寺市柏原市学校給食組合議会でした。
(議長を仰せつかっています)
今日の献立はカレーライス。子どもたちに人気だそうです!
はい、とても美味しくいただきました(๑'ڡ'๑)♡
DSC_9628

総務産業委員会の視察へ(宇部市、大野城市)

5月22日~23日で山口県宇部市と福岡県大野城市へ常任委員会(総務産業)視察に行きました。

1日目は宇部市のシティセールスと庁舎建設の取組について―

宇部市においても、人口の推移は減少傾向にあり、高齢者や子どもの人口と生産年齢人口が同じ割合になると予測されています。
そこで、まちひとしごと総合戦略で「若者の人口の流出入の均衡・出生率の向上」を目指すべき将来の方向に位置付けることとし、シティセールスで売り込むことにしました。
セールスポイントを決め、重点プロジェクトを実施。

・イメージアップ戦略として、首都圏のメディアPR活動やツアー客の誘致など

・シティセールスパートナー戦略として、市民や企業、留学生とパートナー契約をしセールス活動をしてもらったり、パートナー発案の宇部ラーメンのブランド化、プロモーション推進事業助成など

・観光集客戦略として、キャッチフレーズ「緑と花と彫刻のまち」とし1961年から続いているビエンナーレをときわ公園で開催したり、新たにときわ動物園や植物園を設置、またフィルムコミッションで映画ロケ地として誘致(OVER DRIVE)、Jリーグチーム「レノファ山口」の宿泊地助成などで連携、2020年東京オリパラにスペインのホストタウンになるべく姉妹都市を結ぶなど

これらの戦略から観光客数の上昇、ときわ公園入園者数の上昇、企業誘致実績上昇と効果を上げています。
また(30歳代の夫婦と乳幼児の世帯の)地域の暮らしやすさ指標で全国7位です。

とにかく数字を上げること、実績を作ることを目標に。
根拠に基づいた分析がまだできていないことが課題。
4年後には市制100周年。

という内容でした。
シティセールス部門、比較すると柏原市は弱いです。
セールスポイント、PR戦略など重点プロジェクトを着実に実施し、数字を上げていくという明確な目的のために職員が一丸となって実践している様子が伺えました。
柏原市に足りないものはそこですね。どうしても縦割りで連携がとれてないと感じます。
DSC_9505
DSC_9506
フィルムコミッションで撮影現場の誘致に成功
DSC_9507
DSC_9508
DSC_9503
DSC_9504
DSC_9510


2日目は大野城市の総合窓口についてー

窓口改善は市長公約でトップダウンから始まりました。
市民の満足度の向上とコスト削減の両立を基本コンセプトに。

・週末の窓口サービス(第二・第四土曜日 9:30~12:30)
・コールセンターの充実
  簡単な問い合わせから回答までコールセンターで完結できるように「FAQデータベース」を作成し、担当課へつなぐ問い合わせ業務が減ることでデスクワークのミスや残業が減った。
  (データベースにないものは答えない、個人情報は見ることができない(例)所得データ等、法改正の修正)
・ワンストップ総合窓口「まどかフロア」
  フロントオフィスは委託事業者、バックオフィスには職員と業務を切り分けて効率化
  案内表示システムの導入による待ち時間の見える化
  フロアマネジャーを配置し、来庁者の目的まで案内、積極的に声かけをするよう委託
  券売機で証紙を売っている(計算間違いなし、業務効率化)

柏原市庁舎建設において見習う点がたくさん見受けられました。
業務の効率化を図ることでより良いサービスを提供でき、顧客である市民の満足度を高めることができ、市への信頼性も向上するでしょう。
DSC_9520
DSC_9526
DSC_9523
DSC_9527
DSC_9529
DSC_9525
DSC_9531~2
総合案内システムはデジタルサイネージ収入もある上、パネルもすべて業者が設置したとのことでした。このシステムを柏原市民病院でも取り入れるべきだと感じました。

《3月議会》その他質問について

会派、女性超党派りんどうの代表質問の主な概要です。

【子育て世帯住宅取得補助金】
子育て世帯が住宅を取得する際に補助金をつけています。
29年度の条件は築20年以上の中古住宅の取得という制限があったが申込件数はなく、30年度は新築でも可能になった。まずは多くの人に補助金があることを知ってもらうこと。中古住宅と空家対策とセットにして考えがちであるが、子育て世帯の移住定住促進を第一義にして「一点集中」すべき。




【駅前駐輪場の運営】
各駅前にある自転車駐輪場は現在、一時預かりと1ヵ月契約のみとなっている。近隣市では3ヵ月契約が可能となっている。利用者アンケートの結果で契約期間の拡充を求める意見が多かった場合はどうしていくのか。利用する方も受け付ける方も労力がカットされ効率化が図れる。使用料収入も前もって確保できる。契約期間の「規制緩和」を。




【幼少中一貫教育】
幼小、小中の接続に力を入れて11年間を一貫した教育と位置付けて取り組んできた。32年度から小学校で英語が教科化されるにあたり幼小中の推進教員から英語に特化して半数をあてているが、数学や国語など重要な教科が他にもある。適正な教科配分を。民主主義制度において間接的に市民の付託を得て予算審議するためにも、予算項目が曖昧であってはいけない。幼小中一貫教育と英語推進をきっちり分けて事業を興し予算配分するべき。



【LED防犯灯】
防犯灯が徐々にLED化され、夜道もかなり明るくなってきたと感じるが、人通りの少ない山間などはまだまだ暗く危険な箇所がある。区長さん等と設置個所を決めていっているとは思うが、子どもの帰りを待つお母さんたちの声も拾い上げる仕組みづくりを。





【安全対策推進防犯カメラ設置】
主要幹線道路の信号機など30年度予算分を合わせると20カ所を設置していただいており、警察からの照会件数も多く、有効に活用されていることは理解する。しかし、最近の安まちメールから確認できる街頭犯罪は、人目の少ない路地でわいせつ行為など子どもや女性といった立場の弱いものに対して犯罪が起きている。路地への設置を増やせないか、町会の防犯カメラの補助に回せないのか。




その他
・市制60周年事業について




・幼保再編について




・病院の健全経営に向けた取組について



・農地災害復旧事業分担金条例の制定の経緯について




放課後児童会について

5歳児幼児教育の無償化について
補助金の見直しについて


以上が女性超党派りんどうの代表質問の内容です。
市政運営方針については幹事長の岸野議員が質問をされています。
そちらも是非動画をご覧ください。


《3月議会》5歳児幼児教育の無償化

3月議会での女性超党派りんどうの代表質問をアップします。
今回は5歳児の幼児教育の無償化について議論しています。
動画も是非ご覧ください。

【5歳児幼児教育の無償化について】
平成30年9月から、5歳児に対する幼児教育を無償化とする条例改正が出されました。
幼稚園に通っている場合、5歳児の教育費全額無償化、保育所に通っている場合、5歳児の保育料の半額を無償化、私立幼稚園に通っている場合、就園奨励費の補助を引き上げ実質教育費の無償化を図るものです。

理由、目的
・保護者の経済的負担を軽減
・等しく幼児教育、保育を受けることができる環境を整え、円滑に小学校教育につなぐ目的
・国より一歩先がけた独自の取組で、子育て世帯の定住を促進し、人口減少に歯止めをかけたい

質問
①財源はどうするのか
②国が幼児教育の無償化をしなかった場合でも、市は関係なく続けていくのか
③国が幼児教育の無償化を予定通り実施した場合、この事業費が浮いてくると考えるが、その分の使い道は

答弁
①必要度、優先度を検討して選抜され予算化されたものであるので、市全体で財源を確保している
②独自事業であるので、国の幼児教育の無償化に関係なく続けていく
③財源が浮くという発想はなく、優先される事業に予算配分されるもの

意見
予定通り、国が幼児教育の無償化を実施したら、どの自治体でも等しく幼児教育が無償化となるので、柏原市の5歳児の教育無償化の効果は得られず、子育て世帯の定住促進につながるとしても1年ないし2年の担保にしかならない。
国より先がけて柏原市独自の施策とするならば、むしろ経済的負担の軽減施策に一点集中すべき子育て世帯の経済的な負担が軽減されることで、生活がしんどくなくなって2人目3人目の出産につながるかもしれない。
人口7万人を切った今、柏原市の財政のためにも人口増加策を喫緊の課題として捉え、この条例を筆頭に出生率の向上を図るべきである。



他の質問は下記から
放課後児童会について
補助金の見直しについて
その他の質問について

日本ブルーリボンの会
公式サイト
ブルーリボンバッジ
ブルーリボンバッジの購入ページにアクセスできます。
ブルーリボン拡散運動
市政に関するご意見募集しています!
市民の皆さんが市の施策に対してどのように感じ、どのように受け止めておられるのか、声を発していただかないと伝わりません。
寄せいただいた声は大変貴重なものです。声を行政に届けるのが市民代表としての議員の仕事です。
これからも、皆さんの声をひろいあげる仕事をしていきますので、何かありましたらいつでもご連絡ください。
もし、まちなかで見かけたら気軽にお声掛けください。

メール info@yamaguchiyuka.com
FAX  072-926-5077

facebooktwitterからも発信しています。
ギャラリー
  • 春の交通安全運動です。
  • 春の交通安全運動です。
  • 春の交通安全運動です。
  • 春の交通安全運動です。
  • 春の交通安全運動です。
  • 常任委員会の行政視察へ
  • 常任委員会の行政視察へ
  • 常任委員会の行政視察へ
  • 常任委員会の行政視察へ
山口ゆか動画
『松柏之操』 (柏原市議会議員 山口由華 動画 【議会質問】)


You Tubeはこちらから

『松柏之操』 (柏原市議会議員 山口由華 動画 【議会質問】)
柏原市議会議員
 山口ゆかの考え
QRコード
QRコード