柏原市議会議員 山口ゆか ブログ

柏原市議会議員 山口由華の日ごろの活動を発信しています。

ニュース

9月議会が始まります

本日28日は9月議会の議会運営委員会でした。
主にコロナ対策の補正予算と今議会では令和元年度決算審議があり、9月2日から開会されます。
前回の議会では、コロナ対策から質問議会が縮減され個人質問がカットされました。
今議会は会派代表質問で、90分の質問時間が与えられています。
まだ議案の詳細はお伝えできませんが、追ってご報告いたします。

また、今日は安倍総理が辞任会見をされました。
道半ばでの退陣に対してご自身悔しい思いがあろうかと思いますが、まずは治療に専念していただきたいです。
7年8ヶ月もの間、日本国のためにご尽力いただき感謝いたします。

成果について賛否報道されています。
拉致問題、北方領土、憲法改正、大きな志しは叶いませんでしたが、沢山の功績を残されたと私は思います。

コロナをはじめ日本が抱える様々な問題への空白を作らないために判断を下した事、しっかり伝わりました。

夕方の雨上がりの柏原の町中がオレンジに染まっていました...。DSC_1859

北朝鮮拉致問題 被害者家族

北朝鮮拉致被害者家族会の代表を務めてこられた横田滋さんが6月5日ご逝去されました。
40年以上にわたり、娘の救出に向けて訴え続けてこられました。
御存命のうちに願いは叶いませんでしたが、後に残された者が遺志を受け継ぎ、必ず早期解決に向けて声を上げていくことを誓うとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。

横田さんご家族が会見を開かれました。
めぐみさんの双子の弟さんたちの言葉が印象に残っています。

一番悪いのは北朝鮮で間違いないが、
ジャーナリストやメディアが安倍総理は何をやっているんだという。
何も動いていないじゃないかというが、安倍総理、安倍政権が問題なのではなく、40年間何もしてこなかった政治家や北朝鮮が拉致なんてしていないというメディアがあったからここまで安倍政権が苦しんでいる。
安倍総理、安倍政権は動いてくれている。
何もしていない方が安倍政権を批判するのは卑怯だと思います。

このように思いをきっぱりと述べられました。
たしかにSNSなどで北朝鮮拉致問題が解決しないのは現政権であると声高らかに批判するものを目にします。
では、ご自身はどうだったのでしょうか。
今こそ、国民一人一人が自分自身がどう感じ、どう動いたかを問い直す機会だと思います。
私も力不足です。まだまだ市議会でも訴えなければなりません。
学校教育でこの拉致問題は現在進行形で解決されていない人権問題であることを教えていくことが私たち大人の役割です。
アニメ「めぐみ」を全児童がみる機会をもつことが大事なことです。
日本人であるのに、日本人が平然と拉致され帰国すら許されない状況であることを知らないのは問題であるといえます。


日本国歌「君が代」の中の

さざれ石いしの
巖いわほとなりて

「小さい石が集まり
やがて大きな塊になり」

私たち一粒一粒の小さい石が集まれば、大きな岩となります。

だから今こそ、日本に住む私たちが「一枚岩」となって北朝鮮に向け、拉致被害者を返せと声を上げなければなりません。

大きな「さざれ石」を作りましょう。

6月9日 横田ご家族の会見フルを是非ご覧ください。



#北朝鮮拉致被害者全員奪還 
名称未設定-2
名称未設定-1

国会第二次補正予算案【新型コロナ】経済対策



国会の補正予算案の概要のニュースです。(NHKより引用)
経済支援がかなり拡充されています。
本日閣議決定される予定とのことです。

雇用維持・生活への支援
<雇用調整助成金の拡充>
一時的な休業などで従業員の雇用維持を図る企業に対して、休業手当などの一部を助成する「雇用調整助成金」を抜本的に拡充します。具体的には現在、1人1日当たり8330円となっている上限額を1万5000円、月額でみると33万円に引き上げます。

上限額や助成率の引き上げの特例が適用される期間は、ことし4月から6月末までとしていましたが、これを9月末まで延長し、解雇を行わない中小企業には全額を助成します。

<休業手当の直接給付>
勤め先の企業の資金繰りの悪化などの理由で休業手当を受け取れない人に対しては、国が直接、給付する新たな制度を創設します。中小企業で働く人が対象で、給付率は休業前の賃金の8割とします。上限額は雇用調整助成金の水準と合わせて月額33万円とし、適用される期間もことし4月から9月末までとなります。

<ひとり親世帯への支援>
経済的に厳しい状況に置かれているひとり親世帯に臨時の給付金を支給します。児童扶養手当の受給世帯に5万円を支給し、第2子以降は3万円を加算するのに加え、児童扶養手当を受けていないひとり親世帯でも収入が大きく減少した場合は5万円を支給します。

<学生に最大20万給付>
休業の影響でアルバイトの収入が減少した学生に10万円、このうち、住民税非課税世帯の学生には20万円を給付します。大学院や大学、専門学校、日本語学校などに通うおよそ43万人が対象で、必要な費用、531億円は予備費からの支出をすでに決めています。

<授業料の減免>
家計が苦しくなって学業の継続が困難になっている学生を支援するため学校側が授業料などの減免を行った場合には国が補助します。

<緊急小口資金の拡充>
生活に困っている人が当面の生活費などとして無利子で最大20万円を借りられる「緊急小口資金」について、申請が増加していることを踏まえ貸し付けの規模を大幅に拡充します。

事業継続に向けた支援

<家賃支援>
店舗の賃料の負担を軽減するため「家賃支援給付金」を新たに設けます。対象となるのは売り上げが去年より、ひと月で50%以上減少した事業者や3か月で30%以上減少した事業者で、中堅・中小企業は月に50万円、個人事業主は25万円を上限に、原則、賃料の3分の2を半年間給付します。

また、複数の店舗を借りている事業者には例外措置として、上限額を中堅・中小企業は100万円、個人事業主は50万円に引き上げます。

<持続化給付金>
中小企業や個人事業主などに最大200万円を給付する「持続化給付金」の対象を拡大します。ことし1月から3月末までに創業した事業者で、いずれかの月の売り上げが1月から3月までの平均より50%以上減少したことを条件に給付の対象に加えます。

さらに、フリーランスのうち、収入を「雑所得」や「給与所得」として確定申告していた人も申請できるようにします。契約や支払いを証明する源泉徴収票や支払調書などの書類の提出が必要で、事業を行っていることを確認できた場合に対象になります。申請は原則、オンラインとし6月中旬をめどに受け付けを始める方針です。

<資金繰り支援・資本増強策>
経営が悪化する企業が増える中、影響の長期化によって企業が資本不足に陥るのを防ぐため、融資や出資のための12兆円規模の資金枠を新たに設けます。政府系金融機関による「劣後ローン」と呼ばれる返済順位が低い融資や、日本政策投資銀行を通じた大企業や中堅企業向けの出資枠の上積みを行うほか、地域経済活性化支援機構を通じた中堅・中小企業向けの出資や融資の枠を拡大します。

また、政府系や民間の金融機関が実施している実質、無利子・無担保の融資や日本政策投資銀行と商工中金を通じた特別な貸付制度、「危機対応融資」の融資枠を大幅に拡大します。

<公的資金の注入しやすく>
金融機関による資金繰り支援を後押しするため金融機能強化法を改正し、融資にあたる銀行や信用金庫の財務基盤が悪化するのに備え注入できる公的資金の枠を拡大するとともに条件も緩和します。

感染拡大防止 医療体制整備への支援
<包括支援交付金>
病床の確保や人工呼吸器の整備など、地域の医療提供体制を強化するため「緊急包括支援交付金」を現在の1490億円から大幅に増額します。患者を受け入れている医療機関の従事者や感染が発生した介護施設などの職員に対して慰労金として最大20万円を給付します。そのほかの医療機関などで働く人には5万円を支給するとしています。

<診療報酬の引き上げ>
重症や中等症の患者を受け入れた医療機関は治療に多くの人手が必要になっていることなどから、診療報酬を先月に続いてさらに引き上げます。具体的にはICU=集中治療室に入院して「ECMO(エクモ)」と呼ばれる人工心肺装置をつけた重症患者などの治療に対する報酬や酸素吸入が必要な中等症以上の入院患者の治療に当たった場合などの加算を3倍にします。これについては、第2次補正予算案に先立って予備費で159億円を支出することを決めています。

<医療機関の収入保障>
感染症の患者の専用病床を設けている医療機関について病床が空いている場合でも収入を保障します。

<医療用物資の確保>
感染拡大を受けて医療現場では医療用のマスクやガウンなどが不足していることから、国がメーカーなどからこうした医療物資を買い上げ、患者を受け入れている医療機関に優先的に配布します。これについても1680億円を感染症対策の予備費から支出することを決めています。

<治療薬・ワクチン>
また、新型コロナウイルスへの効果が期待されている治療薬やワクチンの開発資金を国が補助するほか、早期の実用化に向けて、生産体制の整備を進めます。

<妊婦PCR検査>
生まれてきた赤ちゃんや立ち会いの助産師などが新型コロナウイルスに感染するリスクを軽減するため出産間近の妊婦で、希望する人には国が費用を全額補助してPCR検査を実施します。

全国で緊急事態宣言解除

4月7日に大阪に発令された緊急事態宣言が5月21日に解除され、本日25日をもって全国でようやく解除となりました。

緊急事態宣言中は外出自粛や休業要請など、生活においてたくさんの制限がありましたが、皆さんのご協力のもと感染が一定抑え込まれ、国内の感染者数がぐっと減少してきました。

柏原市でも昼間は買い物や病院など最小限の活動をされている光景も見受けましたが、夜のまちは人が少なく、本当にひっそりとしていました。市民の皆さん一人一人が外出自粛を守り、自宅でじっとしていてくださったおかげで感染拡大が防げたのだと思います。
市民皆さんのご協力に心より感謝申し上げます。

緊急事態宣言が解除されたとはいえ、以前のような当たり前の生活に戻れるのはまだまだ先になると言われています。早く薬やワクチンが開発されることを願いますが、それまでは政府の示す「新しい生活様式」を実践していく必要があります。
今まで普通に暮らしてきた生活スタイルが、なんと自由でなんと豊かであったかを思い知らされることになりました。
一日も早く新型コロナウイルスの脅威が去って、以前の生活に少しでも戻れることを心から願います。
新型コロナウイルス感染症まとめ Yahoo!ニュースより引用
SnipImage-1
Yahoo!ニュースより引用














今年はコロナで見ることが出来なかった柏原の風景
814e335f-s

いじめ問題のニュースを読んで

6月議会でいじめ問題に対する学校や教育委員会の対応について個人質問をしました。
その際に、偶然にも登壇前日に八尾市のいじめのニュースが流れてきました。
柏原市においてこのような事態とならないようにという意味合いを込めて新聞記事内容を参考資料として取り上げた経緯がありますので、その後の経過が大変気になっていました。
そして昨日、第三者委員会の調査報告が発表されたようです。





結局、また学校や教育委員会の対応の甘さが露呈した結果となりました。
吹田市のいじめ事件の時も同様に、学校の初期対応の遅れがいじめを解決できないまま逆に助長させ長期化するケースが、他のいじめ問題でも非常に多く見受けられます。
児童、生徒がいじめを受けていると感じた時点でいじめと認定され、周りの大人が対応することが「いじめ防止対策推進法」という法律で定められています。
つまり、対応しなければ違法行為にあたるという意味です。
この法律を教育に関わる方々がどれだけきちんと理解し、法に基づいて行動されているでしょうか。

いじめのニュースを見る度、私は心の底から悔しい思いがあふれてきます。
いじめ自体を無くすことは出来ないとも思っています。大人の世界でもいじめは存在します。
いじめは起こるものと理解し、起こった時の初期対応が一番重要です。被害を受けている子どもを守るのはもちろんのこと、加害側の子どもにいじめがどうしていけないことかを教育していくことが大事です。早いうちにいじめの芽を見つけて指導していくことが周りの大人の役割です。
いくら学校のない日や学校外の場所でいじめが起きていても、学校内の児童、生徒間で起きているいじめについては、当然学校も対応しなくてはいけません。
まだ未熟な児童、生徒に教育していく側の大人が襟を正して行動しないと、子どもたちを守ることは出来ません。

柏原市のいじめ問題の対応について深く議論をし、教育委員会から答弁をいただきました。
議会の動画を是非ご覧ください。


6月議会の報告書チラシです。表面にいじめについてまとめました。
UP_vol.12_omote
UP_vol.12_ura

























































議会での質問、行政に切り込んでいく山口ゆかを見てください!

悲しいニュースが多いです。

「止めるチャンスは何度も…」 中学生の転落死問題で校長らが集まり緊急会議 岐阜市(Yahoo!ニュースより) 
岐阜市 教育長:「(男子生徒の死を)止めるチャンスは何度もあった、何度もありました。ことごとく見過ごしてしまって、対応を間違って失敗して我々が長年培ってきた教育のあり方に根本的な誤りがあるのではないかと」
(出典 東海テレビ 動画ニュース)

「腕を20回ほど、つねられた」 中2殺害で逮捕の少年 「上下関係ができ始めた」とも (産経ニュースより)
 市教委によると、6月中旬、本郷さんと別の同級生の間で起きたトラブルについて、担任教諭が周囲の同級生を含めて聞き取りをしている中で、少年が訴えてきたという。この際、少年は「本郷さんには言わないでほしい」とも話し、担任教諭は本郷さんに指導することはなかった。
 訴えから2日後、少年は担任教諭に「本郷さんが『やらない』と言ってきた」と伝えてきたという。市教委は本郷さんと少年との間に、これ以外のトラブルについては「把握していない」としている。(産経ニュースより一部抜粋)
(悪ふざけやからかいによって生徒が心身の苦痛を感じているものはいじめにあたるものと法律で定義されていますが、こちらの事件は現在、警察が刺した生徒を取り調べ中です。)

いじめ巡り欠席少なく訂正 仙台、重大事態回避と遺族 (産経ニュースより)
仙台市立小2年だった女児へのいじめに悩んだ母親が昨年11月、自宅で女児と無理心中したとみられる問題で、学校側が女児の通信簿に記載された欠席日数を年間30日から28日になるよう訂正していたことが9日、分かった。(産経ニュースより一部抜粋)

このところ、いじめに関するニュースが大変多いです。
中三男子生徒が転落死、中二男子生徒が嫌がらせやからかいを受けていた同級生を刺殺。
また、2人の生徒の命が消えてしまいました。
昨年11月には、小学二年の児童とその母親が、いじめを理由に無理心中しました。
(詳しくはこちらのニュースを)
2人の母娘の命が消えてしまいました。
本当に悲しい事で辛いです。
ニュースだけの情報なので、真相がわからないところもあると思います。
なぜ「死」を防ぐことが出来なかったのか。
児童・生徒の訴えは周りの大人に届かなかったのか。
命が消えてしまう前に出来ることはなかったのか。

文部科学省が大津のいじめ事件から「いじめ防止対策推進法」を制定し、いじめの定義や、情報共有、いじめの早期発見のための措置や人材確保、重大事態の対処などがしっかりと明記されています。
児童生徒を守る、という強い意志のもと制定されたのではないでしょうか。
多くの学校で、この法律に基づいていじめに対する基本方針が策定されています。
周りの大人には、なんとか児童生徒の命を守ってほしい。
自分で命を絶つ、自分の手で人の命を絶つ、どちらもあってはならない。
どうか、お願いです。






6月議会では、いじめ問題について取り上げました。
柏原市での小学校中学校の対応、教育委員会や市の対応について質問しています。
内容はこちらの動画ご覧ください。









個人質問の全体の動画はこちらからご覧ください。










































議会での質問、行政に切り込んでいく山口ゆかを見てください!

2020年東京オリンピック聖火ルートに柏原市

五輪聖火リレーのルート発表 「関西の魅力伝えたい」
6/1産経ニュースより
20190601relaymap
20190601relay-town
産経ニュースより引用

聖火ルートに柏原市も入っています!
復興、世界遺産、日本遺産などをテーマに日本の名所ルートになっているところ、通過点かもしれませんが柏原市も列挙されていることに感動しました。どこを通る予定なのかが気になるところです。

大阪地区
◆4月14日 大阪:堺市 東大阪市 門真市 枚方市 豊中市 池田市 箕面市 茨木市 吹田市

◆4月15日 大阪:泉佐野市 貝塚市 岸和田市 和泉市 太子町 羽曳野市 藤井寺市 柏原市 大阪市

また詳しくわかり次第お知らせしていきます。







































































議会での質問、行政に切り込んでいく山口ゆかを見てください!

挑戦中

世界一長い髪の18歳、人生初のカット かつら用に寄付
(4/2(火) 朝日新聞デジタルニュースより)

私も、ヘアードネーション(31cm以上の髪の毛を切って寄付)しようと思って伸ばし始めて一年くらい経ちます。
31cmを切ろうと思ったらなかなか時間がかかるもので、何度も切りたい衝動に襲われつつ(笑)現在も進行中です。

かつら用の髪の毛が不足しているそうです。年齢制限があるのかと思いきや、作る際には加工するので、いくつになっても出来ることのこと!
人生で何回寄付できるかわかりませんが、一度くらいはしておきたいと思って今頑張っているところです。

子供たちの赤ちゃんの時の毛で筆を作って大事に置いています。自分の髪の毛については全く無頓着でした。でも、この髪がもしかしたら役に立てるかもしれないと思うと頑張れるものですね。

切るときは恐らくバッサリいくと思います。
あと半年くらいかな??
頑張ります!

ヘアドネーションについて詳しくはこちら
Japan Hair Donation & Charity(JHD&C)

無題


6つのC

10月1日、皆さんもご承知のとおり、日本人がノーベル賞を受賞しました。
本庶さんは、体内の異物を攻撃する免疫細胞の表面に、「PD―1」という免疫の働きを抑える分子を発見。この分子ががん細胞に対して働くのを妨げて、免疫ががんを攻撃し続けられるようにする画期的な薬が開発され、複数の種類のがんで使われている。(10/1朝日ニュース)
日本人として大変誇らしいニュースですね。
本庶教授が研究開発された「がん免疫治療薬オプジーボ」はまだまだ高価な薬品ですが、色んながんに効くことが実証されれば、私たちにも手の届くがん治療薬となるということです。
さらに研究を進めていただき、一人でも多くのがん患者さんを救えるよう願います。

何よりこの本庶さんに感銘を受けたのが、6つのCを大切にしてきたということです。
Curiosity     好奇心
Courage       勇気
Challenge     挑戦
Confidence    確信
Concentration 集中
Continuation  継続
自分自身は6つのうち、どれだけ意識して物事に向き合っているだろうと考えました。
1つでも欠けてはいけない。
好奇心を大切に、勇気を持って、困難な問題に挑戦し、必ずできるという確信をもち、全精力を集中させ、あきらめずに継続することで、時代を変革するような研究を世界に発信することができるのです。

大変勉強になりました。
(京都大学HPよりスクショ)
名称未設定-1







































9月議会で会派代表質問をしました。

児童虐待対策

今朝のニュースから
全国の児童虐待 データベース化

ようやく情報が全国共有されます。

国は児童福祉士を2000人増員し、立ち入り調査などもルール化するというニュースもありました。(7月20日)


こちらの先日の情報共有システムのニュース
虐待情報の共有システムの導入にあたっては、国が半額を補助し、残りを市町村や、児相を設置する都道府県などが負担する想定で、厚労省は全国の自治体に参加を呼びかける。
 市町村は、住民の子どもについて乳幼児健診の記録や住民票の転出入、家庭訪問の記録などの情報を保有している。一方、児相は都道府県や政令市などが設置。虐待の疑いで児相が一時保護などを行う場合、市町村が持つ情報が重要となるが、現在は市町村内部でばらばらに情報を管理し、集約されていないケースも多い。

市町村と児相の情報を共有することでお互いに見えてくる状況がたくさんあると思います。柏原市でも積極的に取り組んでいただきたいです。

これらの国の児童虐待対策で今後、子供の痛ましい事件が起こらないよう切に願います。

今朝のニュース「孫への教育資金贈与 非課税時限措置の恒久化」

孫への教育資金贈与 非課税時限措置の恒久化 税制で文科省方針固める
産経新聞より
文科省の31年度税制改正要望、概算要求内容のニュースがありました。
内容をまとめると下記になります。

  • 祖父母が孫一人当たり1500万円を上限に教育資金を一括贈与をした場合非課税となり今年度末までの時限措置となっていますが、恒久化する方針。
  • 部活動指導員の予算を今年度5億円から13億円に増額、4500人から12000人に増員。
  • 公立校で事務作業を代行する「スクール・サポート・スタッフ」の予算を5億円増の17億円に、3000人から4000人に拡充計画
  • 最先端医療分野の研究開発促進に24億円
  • ブロック塀の倒壊防止策の支援などの公立校の安全対策、防災機能強化として3.5倍の2414億円
  • 東京オリパラを見据え、競技力強化事業として110億円

どれも大事な予算ですが、学校の先生の負担軽減に対しての予算措置に注目しています。部活動の外部指導員や事務作業をサポートが配備されることで、教師が授業に専念でき、生徒児童一人一人に時間がとれるようになったり、ひいては学力向上にもつながると考えられます。是非とも柏原市でもこの予算を上手に使って先生の負担軽減につなげ、より良い教育ができる環境を整えていただきたいと思います。

祖父母から孫に対して教育資金を一括贈与することで贈与税が非課税になる制度があり、時限がついていましたが、これを恒久化して親の経済負担軽減につなげようという狙いがあるようです。
これを含む相続に関することについては、先般の「家族で今、向き合う 家のこと 相続のこと」の勉強会で司法書士さんからお話しを伺っていました。ほかにもたくさん事例を交えて講演していただきました。知らないことがたくさんあることに気づき、大変有意義な勉強会でした。

9月議会に向けて情報をしっかりキャッチして準備していきたいと思います。
写真

全公立小中にクーラー設置という新聞見出し

今朝8月20日の産経新聞より
「全公立小中にクーラー」
来夏までに設置、との見出しです。

国が動きました。
柏原市議会でも議員で学校のクーラー設置を要望していたことです。
これで少しでも前倒しの設置が期待されます。
教育環境の整備は待ったナシ。
次はIT、ICT環境の整備、トイレの洋式化に向け、引き続き尽力します。
DSC_0217

柏原東高校 野球部 頑張れ!

タンザニアで仕事をしている中学の同級生が、1年か2年くらいのペースで帰国するので、今年も何人かで集まってワーワー楽しみました。

集まった同級生のうち柏原東高校出身がいて、体育祭に行ってきたそうです。今年の体育祭は1年から3年までの三学年が揃う最後の体育祭になるということでした。柏原東高校は八尾翠翔高校に統合されるため、来年は新1年生は入学してきません。やっぱり寂しいですね。

そして、もう1つびっくりした話を聞きました。
今年の春の高校野球の予選で、柏原東高校がなんと大阪桐蔭から4点を奪い、リードする場面もあったそうです!
Screenshot_20180603-090151~2
 【春季大阪大会3回戦   柏原東4―16大阪桐蔭(5回コールド) ( 2018年4月28日    豊中 )】 公立校の柏原東が夏へ向け、大きな収穫を手にした。3回戦の相手は、春の選抜大会を制した大阪桐蔭。初回と2回に2点ずつ奪うなど鋭い振りで春の王者を慌てさせた。 

 初回は四球と連打で2死満塁の好機を築くと、6番の上迫が遊撃強襲の内野安打。二者が本塁へ生還した。2回は2死から福本が振り逃げで出塁すると、黒岩幹、島木彪主将の連打で2点を追加。積極的なスイングで一時は4点をリードする展開に持ち込んだ。

 今春に1年生5人が入部し、部員は14人になった。熱心で意欲的な部員を前に、田中正孝監督(58)はこんな言葉で試合に送り出した。「勝負事だ。勝ちにいこう。まず元気だけでも勝とう。あともう一つ、何か勝てるものをこの試合で見つけようよ」――。2安打2打点と気を吐いた主将の島木彪は「元気が持ち味のチームです。日本一の相手から4点取れたことは自信になりました」とうなずいた。

 打撃マシンが老朽化で使用困難になり、昨春新たに1台を購入した。費用の半分は工面できたが、残りは田中監督自らローンを組んだという。生徒の頑張りに報いたい一心だった。大阪桐蔭戦が決まってからは打撃マシンの球速を上げ、バットを振り込んできた。その成果が4得点だ。

 指揮官は富田林高校、中京大の出身。富田林で監督を務めた時は同校出身で元オリックス投手として通算7勝を挙げた前田祐二氏を指導した実績を持つ。田中監督は「序盤は理想に近い形。みんな最後まで元気だったし、夏に弾みをつけることができたと思います」とねぎらった。

 新入生の部員募集は今春が最後。来年、八尾翠翔との機能統合が決まっているためだ。学校関係者によると、八尾翠翔の名が残るといい、2021年3月末で柏原東の名がなくなる。100回の節目を迎える今夏。少しでも柏原東の名を知らしめたい。島木彪主将は「学校の名前がなくなるのはさびしいですが、打撃も守備も強化して夏は一つずつ勝っていきたい」と前を向いた。
あの大阪桐蔭を焦らすほどの実力をもつ柏原東野球部、すごいですね!
記事には同級生の子供も活躍していている様子が載っていて感動しました。
野球部の皆さん、柏原という名をPRしてくれてありがとうございます。

『柏原東』の頑張り、見届けたいと思います。

今年の夏は熱くなりそうです。



























議会での質問、行政に切り込んでいく山口ゆかを見てください!

柏原市の「地域未来牽引企業」

27_osakafu
全国で選定された2000余りの企業のなかに柏原市からは4社入っていました。
大阪府では46の企業が選定されています。
今回選定された「地域未来牽引企業」は、地域の特性を生かして高い付加価値を創出し、地域の事業者等に対する経済的波及効果を及ぼすことにより地域の経済成長を力強く牽引する事業を更に積極的に展開されること、または、今後取り組まれることが期待される方々です。
経済産業省としては、今後、選定された方々が地域未来投資促進法などの支援施策も活用していただき、地域未来牽引事業が活発に行われることを通じて、事業性の高い地域産業や良質な雇用・賃金が、地域に投資・人材を更に呼び込む好循環の形成を目指してまいります。
素晴らしいことですね。これからも柏原市を力強く牽引していってほしいです。


柏原市のページから
地域未来投資促進法に基づく大阪府と柏原市で策定した基本計画について国の同意を得ました。

経済産業省から
地域未来投資促進法とは?
地域未来投資促進法の概要
1. 地域未来投資促進法のねらい

近年、地域経済の事業環境変化に伴い、産業・雇用の担い手は多様化しています。
観光・航空機部品など地域の特性を生かした成長性の高い新たな分野に挑戦する取組が登場しつつあります。
<新たな成長分野の例>

①成長ものづくり分野(医療機器、航空機部品、新素材等)
②農林水産、地域商社
③第4次産業革命(IoT、AI、ビッグデータ活用)
④観光・スポーツ・文化・まちづくり関連
⑤環境・エネルギー分野
⑥ヘルスケア・教育サービス 等

こうした取組(「地域未来投資」)が全国津々浦々で活発になり、地域経済における稼ぐ力の好循環が実現されるよう、政策資源を集中投入していきます。

2. 地域未来投資促進法のポイント

地域の特性を活用した事業の生み出す経済的波及効果に着目し、これを最大化しようとする地方公共団体の取組を支援します。
製造業のみならずサービス業等の非製造業を含む、幅広い事業を対象とした支援措置を講じます。
当面、3年間で2,000社程度の支援を目指します。
市町村及び都道府県が基本計画を作成し、国が同意します。

あたたかい食堂です。

Facebookで見つけた動画を紹介します。
毎月7万円の赤字を出しても生きてるうちは続けていくという、おばあちゃんの生き様に感動しました。
1人で晩御飯を食べてる子や晩御飯はいつもコンビニ弁当を食べてる子などに対するこども食堂の形は本来、こんな食堂であるべきではないかと思います。
そこに行けばいつもおばあちゃんがいてて、温かいご飯を出してくれる。
これだけで子どもは救われます。
安心できる場所を作ること、子どもには大事ですね。















議会での質問、行政に切り込んでいく山口ゆかを見てください!

意見書の採択が産経ニュースに

前回の「平成29年度第三回定例会閉会」のブログにも記載していた、柏原東高校の存続を求める意見書を市議会で提出して可決された件ですが、早速産経ニュースに掲載されていました。

平成31年度に統合の方針…大阪府立柏原東高の存続求める意見書を採択 柏原市議会
 大阪の府立高校再編をめぐり、平成31年度で八尾翠翔(すいしょう)高(同府八尾市)へ統合される方針が示された柏原東高(同府柏原市)について柏原市議会は2日、同高の存続を求める意見書を全会一致で採択した。

 3年連続で定員割れし、改善の見込みがない高校を再編整備の対象とすると定めた府立学校条例などに基づく措置。今月中に最終決定される。

 柏原東高は柏原市内唯一の府立高で昭和52年、地元の要望により開設。意見書では、同高教員が市立中に出向いて連携授業をしたり、部活動で合同練習を実施するなど、同高と市立中が密接な関係を築いてきた点などを強調。「地元にとってかけがえのない府立柏原東高校の機能統合は到底容認できず、(方針を)再考されることを強く要望する」などとしている。
この意見書が大阪府教委でどのように諮られるのか、わかり次第お知らせいたします。
2017年11月05日08時43分40秒

またまた思うところ

小池氏「合流と考えず」=民進の申請、個別に精査-30年原発ゼロ【17衆院選】:時事通信

希望の党と民進党が合流というニュースが流れましたが、安全保障法制に賛成することを条件として候補者の公認申請を選別していくので、実質は党丸ごとの合流ではないという。
しかし、民進党が合流することには違いがなさそうです。
↓↓↓
<衆院選>政党・民進は存続、その訳は? 民進解党・合流へ:毎日新聞
民進党は事実上、希望の党に合流する方向だが、少なくとも10月22日投開票の衆院選終了までは、政党としての民進党は存続する見通しだ。
 その背景には、民進党所属の参院議員(49人)や多数の地方議員がいることに加え、民進、希望双方の選挙資金面の事情がある。
 政党助成法は、政党交付金の交付を受けている政党が解散した場合、国庫へ返還しなければならないと規定。2009年8月結党の旧みんなの党が14年11月に解党した際には、保有していた政党交付金約12億円を返納している。
 民進に昨年1年間に交付された政党交付金は総額97億4388万円。もともと資金に不安がある希望の党はもちろん、民進党がすぐに解党すれば、希望公認で出馬する民進党候補の選挙資金もあてがなくなる。
 このため、前原氏ら一部と参院議員らが当面残って民進党を形式的に存続させ、政党交付金は事実上、希望の党の選挙活動などにあてるとみられる。民進党関係者は「今、解党すれば何十億円も返さなければならなくなる。政党交付金を衆院選で活用した後で、正式に希望と合流すればいい」と語る。【葛西大博】
出来立てホヤホヤの政党にはまだ政党助成金がないので、民進党の政党交付金をあてに合流を図ったのでしょうか。

「さらば、しがらみ政治」

これでは、しがらみが残ってしまいます。しがらみだらけです。
本当に小池さんの言う改革保守、「寛容な、改革の精神に燃えた保守」となり得るのか大変危惧します。

パタパタと決まった衆議院解散選挙。
柏原市ではようやく市議会議員選挙も終わり、新しく議会が始動します。
来週には臨時会、再来週から本会議が始まり、今回は決算委員会も入ってきます。
私は無所属ですので、どこの応援にも行きません。
しっかり集中して議会に臨みます。

平成29年 第2回 臨時会、第3回 定例会

 10月 5日(木)午前10時 臨 時 会        
 10月10日(火)午前10時 本 会 議
 10月20日(金)午前10時 本 会 議(代表質疑・質問)
 10月23日(月)午前10時 本 会 議(代表質疑・質問)
 10月25日(水)午前10時 総務産業委員会
 10月27日(金)午前10時 厚生文教委員会
 11月 2日(木)午前10時 本会議


Jアラート発令

東日本が対象地区となっています。
最新情報をご確認ください!

【政府発表】ミサイル発射。ミサイル発射。北朝鮮からミサ…

https://yahoo.jp/4zN5vL #防災速報 アプリ→http://emg.yahoo.co.jp/dl

備え~2

首相官邸HPより抜粋
政府では「Jアラート」による緊急情報の伝達があった場合に、国民の皆さんが身を守るためにとるべき行動をとりまとめ、本日、内閣官房のホームページにある「国民保護ポータルサイト」に掲載しました。また、地方公共団体に対してその旨を通知し、住民への広報について協力を要請したほか、都道府県の国民保護担当者に対する説明会を、本日開催することといたしております。政府としては、引き続き、米国、韓国等と緊密に連携をとりながら、いかなる事態にも対応することができるよう、緊張感をもって、情報収集、警戒監視等万全を期してまいりたいと思います。
Yahoo!ニュースより
北朝鮮の核実験はカウントダウンに入ったのか!?
北朝鮮が核実験をした場合、放射性物質を探知する米国の特殊偵察機が昨日(20日)、沖縄から日本海に緊急出撃したことから北朝鮮の核実験が間近に迫っているとの憶測が飛び交っている。


・・・・・・・

北朝鮮の核実験はやるかやらないかではなく、いつやるか、それも早いか、遅いかの時期の問題だけだ。
このように憶測が飛び交うなか、首相官邸から地方自治体に「弾道ミサイルが飛来する可能性がある場合の行動について」を住民に知らせるよう通達をしたそうです。
物々しい雰囲気ですが、私たちに出来ることは各自治体のホームページの記載にあるように、


ミサイル発射の警報を聞いたときにとる行動

 1 屋外でJアラートの警報を聞いたときの対応
 できる限り速やかに頑強な建物に避難して下さい。

(コンクリート造りの建物や地下街が望ましい)
 
2 ご家庭でJアラートの警報を聞いたときの対応
 屋内にとどまり、テレビやラジオなど、メディアからの情報を得るように努めてください。

3 学校園でJアラートの警報を聞いたときの対応

 ○グラウンドにいる児童・生徒のみなさんは校舎内に避難して下さい。

 ○校舎内にいる児童・生徒のみなさんは、机の下に隠れるなど安全を確保して 下さい。

 ○先生は児童・園児等を速やかに施設内に避難させて安全を確保して下さい。

 ○教室等の中で身を低くする。

 ○窓から離れて外を見ない。

 ○布団や座布団などで頭を守り身を伏せる。

 ○机など丈夫なものに隠れ頭を守る。

避難体制を自らで考え、まずは自助、避難することです。 
とりこし苦労になっても何も起こらないことを強く望みますが、私たちの想像をはるかに超えたことが起こるかもしれません。常に心の準備をしておくことをお願いいたします。

朝からため息が

国後島で進む露「要塞化」
兵舎、インフラ・・・駐屯地拡充
武器格納庫に地対艦ミサイル「バル」

【モスクワ=遠藤良介】産経新聞は29日までに、ロシアが北方領土の国後島で建設している新駐屯地の画像を消息筋から入手した。画像からは、将校用住宅や訓練施設が続々と建てられ、北方領土の要塞化が急速に進んでいる様子がうかがえる。武器格納庫には、新型の地対艦ミサイル・システム「バル」が収容されていることも確認された。北方領土での駐屯地建設の模様は、ロシアでもほとんど報じられることがない。

 国後島では、既存駐屯地の領域を拡充する形で、水道や暖房などインフラの整備と、武器格納庫や兵舎といった施設の建設が急ピッチで進んでいる。「バル」については、8発のミサイルを搭載した複数の車両が画像にとらえられた。

 国後、択捉両島には、ロシア軍第18機関銃・砲兵師団の推定約3500人が駐留。新駐屯地は択捉島でも建設されており、両島で計392の軍施設が計画されている。昨年11月には、国後島に射程130キロの「バル」、択捉島に同最大300キロの地対艦ミサイル「バスチオン」が配備されたことも明らかになった。・・・

産経新聞から引用

Yahoo!で見つけた動画です。

終戦直前に参戦し、日本の領土を奪いとってしまった
この問題の解決策はあるのだろうか
島に住んでいた方々は高齢になっています
自分たちの島に帰りたいという望みはどうなるのか
朝からこの記事を読んで心が沈んでいます
日本ブルーリボンの会
公式サイト
ブルーリボンバッジ
ブルーリボンバッジの購入ページにアクセスできます。
ブルーリボン拡散運動
市政に関するご意見募集しています!
市民の皆さんが市の施策に対してどのように感じ、どのように受け止めておられるのか、声を発していただかないと伝わりません。
寄せいただいた声は大変貴重なものです。声を行政に届けるのが市民代表としての議員の仕事です。
これからも、皆さんの声をひろいあげる仕事をしていきますので、何かありましたらいつでもご連絡ください。
もし、まちなかで見かけたら気軽にお声掛けください。

メール info@yamaguchiyuka.com
FAX  072-926-5077

facebooktwitterからも発信しています。
ギャラリー
  • 9月議会が始まります
  • ネット情報に助けられ
  • ひとり親世帯への臨時特別給付金について
  • 足場倒壊、復旧作業←完了
  • 足場倒壊、復旧作業←完了
  • 足場倒壊、復旧作業←完了
  • 足場倒壊、復旧作業←完了
  • 足場倒壊、復旧作業←完了
  • 足場倒壊、復旧作業←完了
山口ゆか動画
『松柏之操』 (柏原市議会議員 山口由華 動画 【議会質問】)


You Tubeはこちらから

『松柏之操』 (柏原市議会議員 山口由華 動画 【議会質問】)
柏原市議会議員
 山口ゆかの考え
QRコード
QRコード
RSS