毎年今の時期にある、1のつく日の柏原駅前の夜店は今年からなくなったそうです。
車の往来による危険性、自主警備ではなく専門警備員の配置徹底など、警察から指導された課題をクリアすることが困難となったそうです。
今まであるのが当たり前だったので、なくなるのは寂しいですね。
image