大阪府市議会議員研修会
宮城県知事の村井嘉浩さんの講演「大震災の教訓・復興への課題と独自の取組について」 でした。
夏に東北視察で宮城県石巻市へ行きましたが、県知事としての采配、議員の立場では有事にどのように対応すればいいのか、課題、そして復興への独自の取組など多岐にわたりお話しをいただきました。
多額な予算が国から投入され、独自の取組をされていますが、柏原市にも参考にならないかかじりついて聞いておりました。その中でやはり大事なのはデータの共有という部分。災害で庁舎が壊滅したときデータごと消滅させるわけにはいきません。市民のみなさんの大事な個人データです。これをいかに守るか。
市は市民の命と財産を守らなければなりません。データも財産です。この財産を守るための政策を提案していかなればならないと思います。今後勉強してまいります。
1日も早く復興を成し遂げ、安心して生活できるまちづくりができますように、引き続きお願いいたします。
帰り道のバスで見た虹のかけらがキレイでした。
4437