阪神でバリバリご活躍された矢野元選手の講演会がJCさん主催で柏原市民文化会館リビエールホールにて開催されました。
~挑戦は未来をひらく!~というタイトルでお話しされました。
プレーされる姿はよく目にしていましたが、お話しされるところのイメージがなく、どんなお話しをされるのか興味津々でした。淡々と話される中に、ところどころ笑いもあり、とても聞きやすく、あっという間の講演でした。
ご自身の体験談でした。意外な面もあって、ごくごく普通の少年だったんだと思うと、とても身近に感じます。
プロ野球時代では、星野監督、野村監督のお話がとても面白かったです。
テレビでの印象と全く同じでした。星野監督は試合に負けると本当に機嫌が悪く怒りをあらわにしていたそうで、野村監督はブツブツぼやいていて、そのぼやきは本当に的中するそうで。
矢野さんのご活躍は地道な努力の積み重ねなのですね。
淡々と話される中に、一生懸命練習をすれば結果がついてくるというところは大変印象に残っています。
柏原リトルの子たちも来ていました。かれらの心に何が残っているのかな?大変興味深いところです^^
残念ながら矢野さんの生写真は撮ることができませんでしたのでパンフだけ・・・
生で見た矢野さん、とてもカッコよかったです♡
矢野さんのブログに柏原での講演が載ってありますのでご紹介します。コチラ
背番号の39からサンキュー矢野基金を設立されています。
病気と闘っている人へ、車いす等の支援をしていくために活動されています。
矢野さんが名前の登録を変えた理由はヒジの故障で試合に出られなかったとき、心機一転の意味を込めて風水の先生にみてもらい、この漢字が気に入ったので【輝弘】から【燿大】に変更したそうです。
KIMG0399image