12月10日、本会議にて個人質問をする機会をいただきキャンプ場について質疑いたしました。
今年、何度も足を運んだキャンプ場です。
柏原市の子どもたちの育成のため、このキャンプ場が毎年使われてきたわけです。
しかし、来年はもう使えません。キャンプ場の運営は今年度限りとなりました。
昭和55年から33年間、健全育成の場として大いに活用されてきました。
近年にいたっては、少子化とともに子ども会の数も年々減ってきており、利用者数が前年に比べ減ってきていました。
それでも、8ヶ月ほどの開場にもかかわらず500人以上の利用はありました。
ノスタルジーを感じますが、これで柏原市の社会教育がなくなるわけではありません。
質疑でも答えていただきました。
他市のキャンプ場を利用しながら意義のある子どもたちの野外宿泊研修は継続されます。
これからも私は社会教育に目を向け、支えていきたいと思っています。
質疑質問の詳細は柏原市のサイトに随時アップされる予定です。
アップされましたら、こちらにてご報告いたしますので宜しくお願いいたします。

夏の時とは違ってとても哀愁が漂っていますね・・・
DSC_0621DSC_0623DSC_0624DSC_0622