柏原市議会議員 山口ゆか ブログ

柏原市議会議員 山口由華の日ごろの活動を発信しています。

2013年12月

大晦日ですね

平成25年が終わります。
この1年はいつもより早く過ぎたように感じます。

何年も会ってない友達にも再会できましたし、新しい出会いがホントにたくさんありました。
ステキな出会いに感謝です!

平成26年もどうぞ宜しくお願い申し上げます!

皆さまのご多幸とご健勝をお祈り申し上げます。

年末夜警

柏原市各地域で地元のみなさんによる年末の夜警があり参加させていただきました。
毎年12月28日、29日、30日の3日間、「火の用心」で町内を回られています。
地域コミュニティ、ご近所の連携の大切さを痛感します。
昔は近所のつながりがあって、子どもたちの異変やひとり住まいの高齢の方の安否など確認しやすかったように思いますが、今は時間に追われたり忙しかったりで、近所の人とのつながりを持つ機会が減っていたり、周りに目を向ける余裕がなかったり・・・。
民生委員さんだけでは把握しきれない部分もあるのではないでしょうか。
地域のつながりを考えていかないと、と感じました。

写真は本郷地区の夜警です。
事務所がある法善寺2丁目地区の写真は撮り忘れてしまいました~~~すみません!
20

歳末パトロ-ル ~青少年指導員協議会

12月29日、今年最後の青少年指導員協議会によるパトロールです。
毎月各地区でパトロールをしてくださっています。
柏原の子どもたちを見まもっていただいてるおかげで、この一年大きな事件等ありません。
また次の年も一年、よろしくお願いいたします。
08

キャンプ場行ってきました

12月10日、本会議にて個人質問をする機会をいただきキャンプ場について質疑いたしました。
今年、何度も足を運んだキャンプ場です。
柏原市の子どもたちの育成のため、このキャンプ場が毎年使われてきたわけです。
しかし、来年はもう使えません。キャンプ場の運営は今年度限りとなりました。
昭和55年から33年間、健全育成の場として大いに活用されてきました。
近年にいたっては、少子化とともに子ども会の数も年々減ってきており、利用者数が前年に比べ減ってきていました。
それでも、8ヶ月ほどの開場にもかかわらず500人以上の利用はありました。
ノスタルジーを感じますが、これで柏原市の社会教育がなくなるわけではありません。
質疑でも答えていただきました。
他市のキャンプ場を利用しながら意義のある子どもたちの野外宿泊研修は継続されます。
これからも私は社会教育に目を向け、支えていきたいと思っています。
質疑質問の詳細は柏原市のサイトに随時アップされる予定です。
アップされましたら、こちらにてご報告いたしますので宜しくお願いいたします。

夏の時とは違ってとても哀愁が漂っていますね・・・
DSC_0621DSC_0623DSC_0624DSC_0622

個人質問です!

ご報告しておりませんでした!!!

Facebookでのみ告知しておりました...

申し訳ございません!

本日、13時より個人質問いたします。

緊張しておりますが、頑張ります!
image

かたしもフェスタ

いいお天気の中、堅下小学校でかたしもフェスタが開催され参加してきました!
ふれあいの場として、地域の方々の協力で、今年15回目を迎えられました。
こういった地域活動で交流ができるのは大変すばらしいと思います。
今後も応援していきたいです
堅下北中吹奏楽部のオープニング演奏は嵐メドレーで参加していた先生と生徒さんがノリノリで踊ってました^^
教室の中、体育館、グランドと、たくさんの場所を活用して多彩な催しものがあり、あっという間に時間が過ぎました。
地域のみなさま、朝からの用意~本番~後片付けまでありがとうございます。
4739171513010757364718571533

支援学級の卒業生を送る会

昨年12月6日に支援学級の『卒業生を送る会』があり、来賓として出席してまいりました。
みな、一生懸命に練習したんだな~と感心して見ていました。
たくさん写真を撮っていたのでアップします。
生徒さん、学校関係者、保護者の方々、みなさん大変お疲れ様でした。
どれもこれも、とても充実した内容でした。
DSC_0550DSC_0551_1DSC_0552_1DSC_0553_1DSC_0554_1DSC_0555DSC_0560_1DSC_0562_1DSC_0563_1DSC_0564_1DSC_0566_1DSC_0568_1DSC_0570_1DSC_0573_1DSC_0581_1DSC_0584_1DSC_0587_1DSC_0586

青少年指導員協議会 祝50周年

今年は柏原市では結成50周年の団体が多いです。
そのうちのひとつ、青少年指導員協議会も50周年を迎えられました。
長きにわたり、柏原市の青少年育成に携わってこられました方々、今まで有難うございます。
そして、これから先の10年20年50年先も、どうぞ宜しくお願いいたします。

式典に招待していただき参加してまいりました。
柏原中学校の吹奏楽部のオープニングでした。
3年生が引退し、1年2年と合わせて10人しかいませんでしたが、迫力ある演奏でした!
カノンのアレンジもすごかったです。初めて聞きました。
そして歴代会長の表彰式が行われ、次に元男性保育士、原坂一郎先生の講義がありました。
この講義の題名は『大人が笑えば子どもも笑う』です。
青少年指導においても、接する時の態度で相手も対応してくるとおっしゃっていました。
例えば、同窓会で久しぶりに会った同級生に対して

「学生の時と全然かわらないね」
「あなたこそ」

「ずいぶん老けたね~」
「あなたこそ」

といった具合になると・・・言われてみればそうですよね。

子どもを叱る、または注意する時のポイントは『5W』を使わないこと。
WHO
WHEN
WHERE
WHAT
WHY
この言葉を使うとかえって逆襲されることになるそうです。
ほんと・・・言われてみればそうですよね。
どうすればよいか、ただただ指導すればよいのです、と。
すべきことを言えばいい
普通に言えばいい
本心を言えばいい
ただ、これだけです。

そして、大事なこと、ほめる時のポイントも教えてくださいました。
して当たり前のことを
したときに
言葉で言う
たったこれだけ。
ごくごく普通のことなのに、思い返してみれば注意ばかり、叱ってばかりでした。
人は、自分をほめてくれる、つまり自分を認めてくれる人のことを認めるのだと。
だから、叱ってばかりだと自分を否定されているので相手のことも認められなくなると。

ん~~~~~~~

本当に勉強になりました。
当たり前のことを当たり前にしていなかった自分に気付きました。
早速、講義後、本を2冊買いました。
『笑顔だけで子どもが変わる』
『男の子の育て方の本』
子どもだけではなくすべての人に対しても当てはまるところがあると思います。
これからのためにも読んで勉強します!!
DSC_0536DSC_0534DSC_0535DSC_0537DSC_0538DSC_0539DSC_0543harasakakougi
日本ブルーリボンの会
公式サイト
ブルーリボンバッジ
ブルーリボンバッジの購入ページにアクセスできます。
ブルーリボン拡散運動
市政に関するご意見募集しています!
市民の皆さんが市の施策に対してどのように感じ、どのように受け止めておられるのか、声を発していただかないと伝わりません。
寄せいただいた声は大変貴重なものです。声を行政に届けるのが市民代表としての議員の仕事です。
これからも、皆さんの声をひろいあげる仕事をしていきますので、何かありましたらいつでもご連絡ください。
もし、まちなかで見かけたら気軽にお声掛けください。

メール info@yamaguchiyuka.com
FAX  072-926-5077

facebooktwitterからも発信しています。
ギャラリー
  • かしわら花火 柏原市制60周年 柏原市民総合フェスティバル
  • かしわら花火 柏原市制60周年 柏原市民総合フェスティバル
  • かしわら花火 柏原市制60周年 柏原市民総合フェスティバル
  • かしわら花火 柏原市制60周年 柏原市民総合フェスティバル
  • かしわら花火 柏原市制60周年 柏原市民総合フェスティバル
  • かしわら花火 柏原市制60周年 柏原市民総合フェスティバル
  • かしわら花火 柏原市制60周年 柏原市民総合フェスティバル
  • かしわら花火 柏原市制60周年 柏原市民総合フェスティバル
  • かしわら花火 柏原市制60周年 柏原市民総合フェスティバル
山口ゆか動画
『松柏之操』 (柏原市議会議員 山口由華 動画 【議会質問】)


You Tubeはこちらから

『松柏之操』 (柏原市議会議員 山口由華 動画 【議会質問】)
柏原市議会議員
 山口ゆかの考え
QRコード
QRコード